レーザ加工情報サイト-レーザ加工技術情報で生産,研究,開発を支援-レーザーコンシェルジェ 使い方 お問い合わせ 会社概要
TOP PAGE レーザ発振器 レーザ測定器 レーザ光学系 レーザ溶接・溶着  レーザマーカー レーザジョブショップ レーザランキング

  TOP >>  プロセス道 >> レーザーで加工すると言うこと

プロセス道

第1回
レーザーで加工すると言うこと

レーザープロセスがなぜ最近盛んなのか?皆様はどうお考えでしょうか?
いくら流行だからと言ってプロセスとして導入して良いのかどうか?今回はレーザープロセスの利点、欠点の概略を改めて考えたいと思います。






レーザープロセスがなぜ最近盛んなのか?皆様はどうお考えでしょうか?
いくら流行だからと言ってプロセスとして導入して良いのかどうか?
今回はレーザープロセスの利点、欠点の概略を改めて考えたいと思います。

皆様がレーザー加工に求める事は
1.日々の消耗品が無くランニングコストが安い
2.ドライプロセス
3.無人化自動運転による生産性の向上
4.装置の小型化による設置場所の縮小化
5.メンテナンス性が良いもしくはメンテナンスフリー
6.異形加工が簡単にできる
7.加工スピードが速い
と言ったところでしょうか?付加価値の高い製品であればコストは十分クリアできるでしょうから開発費を投じても導入メリットは大きいと思います。しかし本当にレーザーで良いのでしょうか?

レーザーを使用したときの欠点として
1.イニシャルコストが高い
2.光学の知識が多少は必要
こんなところでしょうか?簡単に考えればデメリットは少なそうです。詳細は追々紹介したいと思いますがどうやらレーザー加工にはメリットが多そうです。




ただしイニシャルコストはUVシステムでは4000万円以上と考えられます。半導体用の生産装置と考えるならばこれぐらいのコストはクリアできるでしょう。しかしその他の業種ではどうでしょうか?年間1000万円以上の利益を生み出す商品でなければ採算が合いません。だからといってレーザー加工を諦めるのは早いと思います。サンプル加工で得られる情報は様々で思いがけない効果を発見できることもあります。

コストだけで判断するのはもったいないことです。ここからは研究者の腕の見せ所です。次回からはUVレーザー加工をテーマに紹介したいと思います。

BackNumber
第10回
IRレーザーによる加工

第9回
UVレーザーによる特殊な加工例(その2)

第8回
UVレーザーによる特殊な加工例(その1)

第7回
レーザーによるレーザーアニール

第6回
UVレーザーによる金属薄膜への微細加工2

第5回
UVレーザーによる金属薄膜への微細加工

第4回
UVレーザーによる金属微細加工

第3回
UV加工と熱の関係について

第2回
なぜUVレーザーなのでしょう?

第1回
レーザーで加工すると言うこと

序章
はじめに




製品カテゴリ検索 【 レーザ発振器 | 測定器 | 光学系 | システム | 溶接機・溶着機 | 切断機 | マーカー・彫刻機 | セーフティ | 周辺機器 | 小出力レーザー | パーツ
レーザ加工から検索【発振器・システムを探す | 溶接機・溶着機を探す | マーカーを探す | 加工先を探す | 光学系を目的から探す | ジョブショップ
レーザ加工情報【レーザー加工技術 | 展示会 | セミナー | 新製品 | ニュース | 書籍 | マガジン | スポーツ報知 | よもやま話 | メルマガ
レーザーを○○検索 【 探す | 見る | 学ぶ | 試す | PR | 運ぶ | 辞書 | リンク
オリジナルコンテンツ【ビギナー | Mの部屋 | プロセス道 | 多事争論 | 光のローカス | ヨンデMiTe&
レーザーコンシェルジェ 【TOP会社概要利用規約リンクについて推奨ブラウザサイトマップお問い合わせ英語サイト

Copyright(C) Laser Concierge Inc. 2006-2016 All Rights Reserved.