レーザ加工情報サイト-レーザ加工技術情報で生産,研究,開発を支援-レーザーコンシェルジェ 使い方 お問い合わせ 会社概要
TOP PAGE レーザ発振器 レーザ測定器 レーザ光学系 レーザ溶接・溶着  レーザマーカー レーザジョブショップ レーザランキング

  TOP >> レーザー辞書

レーザー辞書

キーワード検索

[あ]いうえお [か]きくけこ [さ]しすせそ [た]ちつてと [な]にぬねの [は]ひふへほ [ま]みむめも
[や]ゆよ [ら]りるれろ [わ]をん [A-Z]
[0-9]

たこ


多光子吸収 ( multiphoton absorption )
多光子吸収とは物質が複数個の同種、もしくは異種の光子を吸収する現象のことを言います。

たて


縦モード ( longitudinal mode )
縦モードとはレーザー媒質の利得の範囲内で共振器のミラー間距離によっていくつかの周波数のものが同時に発振されていますがこれらを縦モードと言います。

たね


種光源 ( seed laser )
種光源とはアンプ装置を取り付けたレーザー発振器の元となるレーザー光源のことを指します。

たん


単一周波数 ( single frequency )
単一周波数とは横シングルモードのレーザー発振において縦モードで完全に1本の発振周波数のみ出力することを言います。

短パルスレーザー ( short pulse laser )
短パルスレーザーとはパルス幅がピコ秒以下で発振するレーザー発振器のことです。加工用レーザー発振器としてはピコ秒とフェムト秒があります。
短パルスレーザー発振器一覧

炭酸ガスレーザー ( CO2 laser )
炭酸ガスレーザーとはガスレーザーの一種で出力が大きなレーザーがあり、溶接や鋼鈑の切断に利用されています。赤外線(IR)を発振しメジャーな波長としては10.6ミクロンを発振します。

だい


ダイオードレーザー ( diode laser )
半導体材料で作るレーザーを総称してダイオードレーザーと呼びます。英語ではレーザーダイオードですが日本ではダイオードレーザーと呼ぶことが多いようです。化合物半導体を使ったレーザーが多く、PN接合の手法を利用してレーザー光を作り出します。

ダイクロイックミラー ( dichroic mirror )
ダイクロイックミラーとは誘電体多層膜により、2つ以上の波長域の光を分離する フィルターで、特定の波長のみ反射し、その他の波長は透過させるミラーのことです。

第3高調波 ( third harmonic generation )
第3高調波とはレーザー基本波の3倍の周波数(波長の3分の1)の総称です。YAGレーザーの場合は1064nmの1/3で355nmとなります。

第2高調波 ( second harmonic generation )
第2高調波とはレーザー基本波の2倍の周波数(波長の2分の1)の総称です。YAGレーザーの場合は1064nmの1/2で532nmとなります。

ダイバージェンス ( divergence )
ダイバージェンスとはレーザー発振器から発せられたレーザー光が広がる角度を示します。半角で表す場合と全角で表す場合があります。

第4高調波 ( fourth harmonic generation )
第4高調波とはレーザー基本波の4倍の周波数(波長の4分の1)の総称です。YAGレーザーの場合は1064nmの1/4で266nmとなります。

だえ


楕円偏光 ( elliptic polarization )
楕円偏光とは光の進行方向に対し偏光面を示すベクトルの向きが楕円を描きながら回転している偏光のことを言います。

だぶ


ダブレットレンズ ( doublet lens )
ダブレットレンズとは2枚で構成されたフォーカスレンズの総称です。単レンズよりも収差補正が出来るため加工精度が上がります。

ちた


Tiサファイアレーザー ( Ti: Sapphire )
TiサファイアレーザーとはサファイアのロッドにTiをドープした(Al2O3+Ti2)固体レーザー媒質を用いてレーザー光を作り出すレーザー発振器のことです。

ちょ


直線偏光 ( linear polarization )
直線偏光とは偏光面と振動面が同位相で進み一定となっている偏光を言います。

ちら


チラー ( chiller )
チラーとは水を一定の温度に冷やすための装置のことです。レーザーや装置を安定化させるためにチラーで冷やした水(冷却水)を使用します。
チラー一覧

てぃ


THG ( third harmonic generation )
THGとは Third Harmonic Generation の略で、レーザー基本波の3倍の周波数(波長の3分の1)の総称です。YAGレーザーの場合は1064nmの1/3で355nmとなります。

てい


定常波 ( standing wave )
定常波とはレーザーの場合共振器内のミラーへ進む波と引き返す波がきれいに重なり止まったような波になることです。

てむ


TEM ( TEM )
TEMとはTransverse Electromagnetic Mode の略で波の伝搬方向に電場の成分と磁場の成分がゼロですような導波路のモード。

てれ


テレセントリックレンズ ( telecentric lens )
テレセントリックレンズとは、主光線がレンズ光軸に対して平行になるように設計されたレンズのことです。このため画角が限り無く0度に近く、ディストーション(歪曲収差)が小さいので、被写体の寸法や位置を正確にとらえる事が可能です。

でぃ


DPSS ( DPSS )
DPSSとはDiode Pumping Solid State の略でLD励起固体レーザーのことです。

ディープUV ( deep uv )
ディープUVとは真空紫外のことで名前の通り真空域でしか伝播しにくい光のことを言い、200nmより短い光のことを言います。エキシマレーザーのArF(193nm)やF2(157nm)が真空紫外線光にあたります。

DUV ( duv )
DUVとは英語のdeep ultravioletの略語で真空紫外のことを指し、名前の通り真空域でしか伝播しにくい光のことを言い、200nmより短い光のことを言います。エキシマレーザーのArF(193nm)やF2(157nm)が真空紫外線光にあたります。

ディスクレーザー ( disc laser )
ディスクレーザーとは固体レーザーの1種で励起用固体素子の形状が薄いディスク形状をしたものを使用しているレーザー発振器です。Ndイオンの代わりにYAGの結晶とマッチングの良いYbイオンを高い濃度で混入しLD(ダイオードレーザー)で高密度な励起を行うことで、薄いディスク状の媒体から波長約1ミクロンのレーザー光を大きな出力が得られます。
ディスクレーザー発振器一覧

でぶ


デブリ ( debris )
デブリとはアブレーション加工の際に材料から噴出する加工クズのこと。

とり


トリプレットレンズ ( triplet lens )
トリプレットレンズとは3枚で構成されたフォーカスレンズの総称です。単レンズよりも収差補正が出来るため加工精度が上がります。

とれ


トレパニング穴あけ ( trepaning )
トレパニング穴あけとはレーザー光をワーク上で円移動させて穴をあけるレーザー加工のことを言う。

どう


銅蒸気レーザー ( copper vapor laser )
銅蒸気レーザーとはセラミックス管に10kHオーダーの高繰り返しの放電を加え内部の銅を蒸気化して電子励起することで発振するレーザー発振器で10nsec前後、十数Wの可視光パルス出力が得られます。その大きさ故産業よりも研究機関で使用されています。



製品カテゴリ検索 【 レーザ発振器 | 測定器 | 光学系 | システム | 溶接機・溶着機 | 切断機 | マーカー・彫刻機 | セーフティ | 周辺機器 | 小出力レーザー | パーツ
レーザ加工から検索【発振器・システムを探す | 溶接機・溶着機を探す | マーカーを探す | 加工先を探す | 光学系を目的から探す | ジョブショップ
レーザ加工情報【レーザー加工技術 | 展示会 | セミナー | 新製品 | ニュース | 書籍 | マガジン | スポーツ報知 | よもやま話 | メルマガ
レーザーを○○検索 【 探す | 見る | 学ぶ | 試す | PR | 運ぶ | 辞書 | リンク
オリジナルコンテンツ【ビギナー | Mの部屋 | プロセス道 | 多事争論 | 光のローカス | ヨンデMiTe&
レーザーコンシェルジェ 【TOP会社概要利用規約リンクについて推奨ブラウザサイトマップお問い合わせ英語サイト

Copyright(C) Laser Concierge Inc. 2006-2016 All Rights Reserved.