レーザ加工情報サイト-レーザ加工技術情報で生産,研究,開発を支援-レーザーコンシェルジェ 使い方 お問い合わせ 会社概要
TOP PAGE レーザ発振器 レーザ測定器 レーザ光学系 レーザ溶接・溶着  レーザマーカー レーザジョブショップ レーザランキング

  TOP >> レーザー辞書

レーザー辞書

キーワード検索

[あ]いうえお [か]きくけこ [さ]しすせそ [た]ちつてと [な]にぬねの [は]ひふへほ [ま]みむめも
[や]ゆよ [ら]りるれろ [わ]をん [A-Z]
[0-9]

ない


内部トリガー ( internal trigger )
内部トリガーとは装置内部でトリガー信号を送ることをいいます。レーザーの場合は内部からのTTL信号によりレーザーが発振する仕組みのことです。

なの


ナノセカンド ( nano second )
ナノセカンドとはナノ秒のことで国際単位系(SI)で、メートル法の単位の上に付けて10億分の1、すなわち1ナノセカンドは1/10億秒のことです。

nsec ( nsec )
nsecとはナノ秒のことで国際単位系(SI)で、メートル法の単位の上に付けて10億分の1、すなわち1nsecは1/10億秒のことです。

ナノ秒 ( nano second )
ナノ秒とは国際単位系(SI)で、メートル法の単位の上に付けて10億分の1、すなわち1ナノ秒は1/10億秒のことです。

ナノ秒レーザー ( nano second laser )
ナノ秒レーザーとパルス幅がナノ秒の領域にあるレーザー発振器のことです。一般的なレーザー発振器はナノ秒で発振している製品が多い。

nm ( nm )
nmとはナノメートルのことで国際単位系(SI)で、メートル法の単位の上に付けて10億分の1、すなわち1nmは1/10億メートルのことです。

ナノメートル ( nano meter )
ナノメートルとは国際単位系(SI)で、メートル法の単位の上に付けて10億分の1、すなわち1ナノメートルは1/10億メートルのことです。

にあ


NIR ( near infrared )
NIRとは英語のnear infraredの略号で近赤外線を意味します。近赤外線とは波長の長い赤外線を遠赤外線というのに対しての呼称で波長780nmから3μmぐらいの赤外線域の光のことを言います。

NIRレーザー ( near infrared laser )
NIRレーザーとは英語のnear infrared laserの略号で近赤外線を発振するレーザー発振器のことを言います。近赤外線とは波長の長い赤外線を遠赤外線というのに対しての呼称で波長780nmから3μmぐらいの赤外線域の光のことを言います。

にお


2ω ( 2 omega )
2ωとはレーザー基本波の2倍の周波数(波長の2分の1)の総称です。YAGレーザーの場合は1064nmの1/2で532nmとなります。

にぶ


1/2波長板 ( half wave plate )
1/2波長板とは直線偏光で偏光方向を90度回転させる位相板を1/2波長板と言います。



製品カテゴリ検索 【 レーザ発振器 | 測定器 | 光学系 | システム | 溶接機・溶着機 | 切断機 | マーカー・彫刻機 | セーフティ | 周辺機器 | 小出力レーザー | パーツ
レーザ加工から検索【発振器・システムを探す | 溶接機・溶着機を探す | マーカーを探す | 加工先を探す | 光学系を目的から探す | ジョブショップ
レーザ加工情報【レーザー加工技術 | 展示会 | セミナー | 新製品 | ニュース | 書籍 | マガジン | スポーツ報知 | よもやま話 | メルマガ
レーザーを○○検索 【 探す | 見る | 学ぶ | 試す | PR | 運ぶ | 辞書 | リンク
オリジナルコンテンツ【ビギナー | Mの部屋 | プロセス道 | 多事争論 | 光のローカス | ヨンデMiTe&
レーザーコンシェルジェ 【TOP会社概要利用規約リンクについて推奨ブラウザサイトマップお問い合わせ英語サイト

Copyright(C) Laser Concierge Inc. 2006-2016 All Rights Reserved.