レーザ加工情報サイト-レーザ加工技術情報で生産,研究,開発を支援-レーザーコンシェルジェ 使い方 お問い合わせ 会社概要
TOP PAGE レーザ発振器 レーザ測定器 レーザ光学系 レーザ溶接・溶着  レーザマーカー レーザジョブショップ レーザランキング

  TOP >> レーザー辞書

レーザー辞書

キーワード検索

[あ]いうえお [か]きくけこ [さ]しすせそ [た]ちつてと [な]にぬねの [は]ひふへほ [ま]みむめも
[や]ゆよ [ら]りるれろ [わ]をん [A-Z]
[0-9]

かい


開口数 ( Numerical Aperture )
開口数とは対物レンズの性能を示す数値の一つでNAとも言います。NAは、物体から対物レンズに入射する光線の光軸に対する最大角度をθ、物体と対物レンズの間の媒質の屈折率をnとして、NA = n sin θと表される。NAが大きいほど対物レンズの分解能は高くなる。

回折光学素子 ( diffractive optics )
回折光学素子とはレーザー光を回折させることにより集光させたりビームプロファイルをシェーピングさせたりする光学素子のことです。外観は板状の透明材料に階段状のステップエッジが刻まれています。

かこ


加工速度 ( speed )
加工する速度。

かし


可視光 ( visible )
可視光とは人の目に見える領域の光のことを言い、波長380nmから780nmの光のことを言います。

可視光レーザー ( visible laser )
可視光レーザーとは可視光域の光を発振するレーザー発振器のことです。可視光とは人の目に見える領域の光のことを言い、波長380nmから780nmの光のことを言います。
可視光レーザー発振器一覧
可視光レーザーマーカー一覧

かん


観察光学系 ( monitoring optical system )
観察光学系とはレーザー加工を観察するための光学系で加工部位が小さいほど大きな倍率の観察光学系が必要です。大きく分けて同軸タイプと外部型があります。

がい


ガイド光 ( alignment beam )
ガイド光とはレーザー光をアライメントするための補助光のことでUVレーザーやIRレーザーでは目に見えないため別に可視光レーザーの光を使用します。

外部トリガー ( external trigger )
外部トリガーとは外部からトリガーとなるTTL信号等を送ることをいいます。レーザーの場合は外部からのTTL信号を受けてレーザーが発振する仕組みのことです。

がす


ガスレーザー ( gas laser )
ガスレーザーとは気体放電を利用してレーザー光を作り出すレーザー発振器のことを呼び、主な加工用レーザーには炭酸ガスレーザーとエキシマレーザーがあります。
エキシマレーザー一覧

がる


ガルバノスキャナー ( galvanometer scanner )
ガルバノスキャナーとはレーザー光を走査させる為のサーボモーターのことを言いますが、モーターだけでなくドライバーを含めたモジュール全体のことをいうこともあります。

ガルバノミラー ( galvanometer mirror )
ガルバノミラーとはガルバノスキャナーと呼ばれる光学モジュールで使用されるミラーのことです。高速で稼動させるため軽さも重要です。
ガルバノミラー一覧

きほ


基本波 ( fundamental wave )
基本波とは高調波結晶を用いないで発振させた場合のレーザー光の総称を言います。YAGであれば1064nmの波長になります。

きゃ


キャビティー ( cavity )
レーザーでのキャビティーとは共振器のことをいい、共振器とはレーザー光が作られるために定常波を作り出す空間(全反射ミラーと出力ミラーの間)を言いますが、装置そのものを呼ぶ場合もあります。

キャビティーミラー ( resonator mirror )
キャビティーミラーとはレーザー共振器内で使用されるミラーのことで出力ミラーと全反射ミラーがあります。

きゅ


Qスイッチ ( Q switch )
Qスイッチとはパルス固体レーザーで使用される部品の一種で高いパルスエネルギーを作り出すための光学部品です。通常はレーザー発振器の筐体内に内蔵されています。
Qスイッチ一覧

きょ


共振器 ( resonator )
共振器とはレーザー光が作られるために定常波を作り出す空間(全反射ミラーと出力ミラーの間)を言いますが、装置そのものを呼ぶ場合もあります。

きん


近赤外線 ( near infrared )
近赤外線とは波長の長い赤外線を遠赤外線というのに対しての呼称で波長780nmから3μmぐらいの赤外線域の光のことを言います。

近赤外線レーザー ( near infrared laser )
近赤外線レーザーとは近赤外線を発振するレーザー発振器のことを言います。近赤外線とは波長の長い赤外線を遠赤外線というのに対しての呼称で波長780nmから3μmぐらいの赤外線域の光のことを言います。

くう


空間モード ( spatial mode )
空間モードとは横モードのことを指し共振器の光軸に垂直な方向のモードのことです。レーザー発振器から出射された光線の断面を見ると1個で点対称(円や楕円など)となる横シングルモードや複数の円や楕円が現れる横マルチモードがあります。

くり


繰り返し周波数 ( pulse repetition rate )
レーザーでの繰り返し周波数とはパルスレーザー発振器において1秒間にレーザー光の発振する間隔を示すものでHzで表します。

ぐり


グリーンレーザー ( green laser )
グリーンレーザーとは波長532nm付近の緑色の光を発振するレーザー発振器の総称です。

けー


KrF ( KrF )
KrFとはエキシマレーザーで使用されるガスでKrFガスを使用すると248nmの真空紫外線を発振します。
エキシマレーザー一覧

KCl ( KCl )
KClとは遠赤外線を透過する光学結晶のことでCO2レーザーのレンズに使用されています。

KTP ( KTP )
KPTとは非線形光学結晶(KTiOPO4)のことで主に基本波を2倍波、3倍波、4倍波に変換するために使用されます。

こう


光子エネルギー ( photon energy )
光子エネルギーとはフォトンエネルギーのことで光子の持つエネルギーのことです。

高調波 ( harmonic generation )
高調波とは基本波に対し使用する言葉で、ある非線形結晶にレーザー光を透過させると周波数の2倍や3倍(波長の2分の1や3分の1)になりますが、これら周波数が倍増した波を高調波と言います。

こた


固体レーザー ( solid state laser )
固体レーザーとはランプやLDでレーザー媒質(レーザーロッド等)を照射し、動作物質を励起してレーザー光を作り出すレーザー発振器のことで、加工用レーザーとしてはNd:YAGレーザーやファイバーレーザーがあります。

こん


コンシェルジェ ( concierge )
コンシェルジェとはフランス語でコンシェルジュと読み、ホテルで、ゲスト(宿泊客)の求めに応じて、街の地理案内や交通機関・観劇の切符やレストランの手配などをする係のこと。ここレーザー・コンシェルジェでは道先案内人という意味で使用しております。

コンプレッサー ( compressor )
レーザーでのコンプレッサーとはパルスコンプレッサーのことを意味し、パルス幅を短くさせるための部分のことを言います。

ごう


合成石英 ( synthetic fused silica )
合成石英とは四塩化ケイ素を元に製造される石英材料のことで不純物が無くレーザーの光学材料として使用されています。紫外線から近赤外線をよく透過します。
硝材 一覧



製品カテゴリ検索 【 レーザ発振器 | 測定器 | 光学系 | システム | 溶接機・溶着機 | 切断機 | マーカー・彫刻機 | セーフティ | 周辺機器 | 小出力レーザー | パーツ
レーザ加工から検索【発振器・システムを探す | 溶接機・溶着機を探す | マーカーを探す | 加工先を探す | 光学系を目的から探す | ジョブショップ
レーザ加工情報【レーザー加工技術 | 展示会 | セミナー | 新製品 | ニュース | 書籍 | マガジン | スポーツ報知 | よもやま話 | メルマガ
レーザーを○○検索 【 探す | 見る | 学ぶ | 試す | PR | 運ぶ | 辞書 | リンク
オリジナルコンテンツ【ビギナー | Mの部屋 | プロセス道 | 多事争論 | 光のローカス | ヨンデMiTe&
レーザーコンシェルジェ 【TOP会社概要利用規約リンクについて推奨ブラウザサイトマップお問い合わせ英語サイト

Copyright(C) Laser Concierge Inc. 2006-2016 All Rights Reserved.