レーザ加工情報サイト-レーザ加工技術情報で生産,研究,開発を支援-レーザーコンシェルジェ 使い方 お問い合わせ 会社概要
TOP PAGE レーザ発振器 レーザ測定器 レーザ光学系 レーザ溶接・溶着  レーザマーカー レーザジョブショップ レーザランキング

  TOP >>  ビギナー >> 第9回

ビギナー

第9回
ゴーグルの話(その2)

ゴーグルを選ぶときOD5などと表記されてることに気づいてますか?






OD値
透過率
OD1
10%
OD2
1.00%
OD3
0.10%
OD4
0.01%
OD5
0.00%
OD6
0.00%

ゴーグルの話(その2)

前回はOD値の話をする前で話を終えましたので今回はそのつづきからです。 OD値とはOptical Densityの略で日本語では光学濃度と直訳します。濃度という割には透過率を示す数値になっているのでちょっとややこしい面を持っていますが・・・濃度が濃い=透過率ということなのでしょうね。あまり深く考えずに“OD値が高いほど安全”と覚えておきましょう。 OD値と透過率には表のような決まり事となっています。 つまりOD値が大きいほど指定された波長の透過率が低くなる=レーザー光がフィルターでブロックされる=安全性が高くなると言うことです。単純に考えるとOD1よりもOD5の方が安全性が高いと言うことです。OD値は単純に波長と数値、例えば 【200nm-400nm=OD5】と書かれている場合もありますが、図のようなグラフで表示されている場合もあります。この図の場合400nm以下の紫外線はOD6となっており透過率0.0001%以下となります。しかし400nm以上の可視光−赤外線領域はOD値がほぼ0になっているのでほとんどの領域で光が透過しているということを示しています。つまりこのフィルターを使用したゴーグルは紫外線しか発振しないエキシマレーザーへは使用可能ですが、グリーンレーザーや赤外線レーザーには意味をなさないということになります。




ところでこれらのOD値はどのように測定しているのでしょうか?実は透過率測定は分光光度計を使って測定することが多く、参照光源はハロゲンランプや重水素ランプが使われています。そのためレーザーのパルス幅に関連した測定は行っていません。本来は実際にレーザーを使用して測定されると安心感が高まるのですが、コスト的に難しいところです。それから注意していただきたいのですが、前回紫外線用は紫外用とお薦めしておりましたが、固体レーザーの3倍波(355nm)、4倍波(266nm)の場合などは紫外線に混じって基本波(1064nm)や2倍波(532nm)が漏れ出てきます。レーザーの仕様を良く確認して漏れ光が有る場合はその波長までカバーしたゴーグルを使用して安全に努めてください。


BackNumber
第9回
ゴーグルの話(その2)

第8回
ゴーグルの話(その1)

第7回
レーザーポインターについて

第6回
アニメのレーザー光線と現実

第5回
レーザーの種類(概略)

第4回
レーザーの種類(概略)

第3回
レーザーの種類(概略)

第2回
レーザーの安全性

第1回
レーザーって?




製品カテゴリ検索 【 レーザ発振器 | 測定器 | 光学系 | システム | 溶接機・溶着機 | 切断機 | マーカー・彫刻機 | セーフティ | 周辺機器 | 小出力レーザー | パーツ
レーザ加工から検索【発振器・システムを探す | 溶接機・溶着機を探す | マーカーを探す | 加工先を探す | 光学系を目的から探す | ジョブショップ
レーザ加工情報【レーザー加工技術 | 展示会 | セミナー | 新製品 | ニュース | 書籍 | マガジン | スポーツ報知 | よもやま話 | メルマガ
レーザーを○○検索 【 探す | 見る | 学ぶ | 試す | PR | 運ぶ | 辞書 | リンク
オリジナルコンテンツ【ビギナー | Mの部屋 | プロセス道 | 多事争論 | 光のローカス | ヨンデMiTe&
レーザーコンシェルジェ 【TOP会社概要利用規約リンクについて推奨ブラウザサイトマップお問い合わせ英語サイト

Copyright(C) Laser Concierge Inc. 2006-2016 All Rights Reserved.