レーザ加工情報サイト-レーザ加工技術情報で生産,研究,開発を支援-レーザーコンシェルジェ 使い方 お問い合わせ 会社概要
TOP PAGE レーザ発振器 レーザ測定器 レーザ光学系 レーザ溶接・溶着  レーザマーカー レーザジョブショップ レーザランキング

  TOP >>  ビギナー >> 第8回

ビギナー

第8回
ゴーグルの話(その1)

日常何気なく使用しているゴーグルですが、色々な色があるのはなぜでしょうか。









ゴーグルの話(その1)

今回はゴーグルについてちょっとふれてみましょう。
レーザーには様々な波長があります。ゴーグルもそれぞれの波長にあったものがあります。紫外線専用や紫外から近赤外線までをカバーしたものなどその種類も豊富です。使用するレーザーにあったものを使用するのは当然ですが、ではなぜ広くカバーしているものを使用しないのでしょうか?波長範囲が広ければいろいろなレーザーに使えるのでお得と考えるのは私だけでしょうか(笑) 実は波長によって着色するための混ぜものが材料練り込まれます。そのため室内でサングラスをかけるようなもので作業がしづらくなります。ただ暗くなるだけであればまだいいのですが色がついているのでホントに見えにくいです。






カラーコンタクトをしている人は見えにくくないのでしょうか?UVしか使わないのであれば、UV専用のゴーグルを使用することを推奨します。ほとんど透明で視界を妨げませんから(笑)なぜならばポリカーボネートは材料そのものが既にUVをほとんど通さないからです。そのため一般のサングラスもポリカーボネートをUVカットの材料として使用しています。しかしレーザーは紫外線強度が強いためこれだけでは十分とは言えず混ぜものをしてOD値をあげています。また固体レーザーなどはUV以外の波長である2倍波や基本波などが漏れ出ている製品も存在しますので、発振器メーカーに必ず確認することをお奨めします。自分の目ですから自分で守るためにも作業は十分気をつけて行ってください。


BackNumber
第9回
ゴーグルの話(その2)

第8回
ゴーグルの話(その1)

第7回
レーザーポインターについて

第6回
アニメのレーザー光線と現実

第5回
レーザーの種類(概略)

第4回
レーザーの種類(概略)

第3回
レーザーの種類(概略)

第2回
レーザーの安全性

第1回
レーザーって?




製品カテゴリ検索 【 レーザ発振器 | 測定器 | 光学系 | システム | 溶接機・溶着機 | 切断機 | マーカー・彫刻機 | セーフティ | 周辺機器 | 小出力レーザー | パーツ
レーザ加工から検索【発振器・システムを探す | 溶接機・溶着機を探す | マーカーを探す | 加工先を探す | 光学系を目的から探す | ジョブショップ
レーザ加工情報【レーザー加工技術 | 展示会 | セミナー | 新製品 | ニュース | 書籍 | マガジン | スポーツ報知 | よもやま話 | メルマガ
レーザーを○○検索 【 探す | 見る | 学ぶ | 試す | PR | 運ぶ | 辞書 | リンク
オリジナルコンテンツ【ビギナー | Mの部屋 | プロセス道 | 多事争論 | 光のローカス | ヨンデMiTe&
レーザーコンシェルジェ 【TOP会社概要利用規約リンクについて推奨ブラウザサイトマップお問い合わせ英語サイト

Copyright(C) Laser Concierge Inc. 2006-2016 All Rights Reserved.