レーザ加工情報サイト-レーザ加工技術情報で生産,研究,開発を支援-レーザーコンシェルジェ 使い方 お問い合わせ 会社概要
TOP PAGE レーザ発振器 レーザ測定器 レーザ光学系 レーザ溶接・溶着  レーザマーカー レーザジョブショップ レーザランキング

  TOP >>  ビギナー >> 第7回

ビギナー

第7回
レーザーポインターについて

レーザーポインターも最近では一般的になってきました。






レーザーポインターはグリーンが主流になってきました。


レーザーポインターについて

前回はレーザー光を題材に取り上げましたが、今回はその中で登場したレーザーポインターについてお話ししたいと思います。これはビギナーの方だけに限らず常に心がけていただきたい話なのです。最近よくグリーンレーザーポインターを見かけるようになりました。これには色々背景があります。まず第1にレーザー光として赤より緑の方がはっきり見えるからです。それは人の目の構造に関係しているからです。あまり詳しく説明すると学問になってしまうので簡単に説明すると、人の目は3つの波長に感度がある組織を持っています。その組織ひとつひとつはある幅の波長域を持ったもので3つの組織で人が感じることのできる色をカバーしています。しかしどの色にも同じ感度を持っているわけでなく緑付近をピークに山形の感度曲線を持っています。つまり同じ光量の赤と緑では人は圧倒的に緑を明るく感じます。これが緑を見やすく感じる理由です。第2にグリーンレーザーの価格が安くなり手の出せる価格になってきた事。いくらよく見えるからと言ってポインターに10万円は出せないですから。そして第3の理由です。これが最も重要な理由ではないでしょうか?



健常者にはグリーンと赤がほぼ同じに見えても色弱の方が見ると見え方が違ってきます。


それは色弱の方にも比較的よく見えるからです。赤の光を見づらいまたは見えない色弱の方は赤のレーザーポインターが見えないことが多くプレゼンテーションの場でどこを指しているのかわからないことが多々あります。その際には緑のポインターを使うことによって説明することが望ましいとされます。色弱の方にとっても緑は比較的はっきりと見える色となります。プレゼンターとして緑のポインターを使うことはもはや世界的に常識となっています。特にレーザーに関連する方やレーザー関連の発表は、率先してグリーンレーザーポインターを使うべきではないでしょうか?以上今回はグリーンレーザーポインターのお話でした。


BackNumber
第9回
ゴーグルの話(その2)

第8回
ゴーグルの話(その1)

第7回
レーザーポインターについて

第6回
アニメのレーザー光線と現実

第5回
レーザーの種類(概略)

第4回
レーザーの種類(概略)

第3回
レーザーの種類(概略)

第2回
レーザーの安全性

第1回
レーザーって?




製品カテゴリ検索 【 レーザ発振器 | 測定器 | 光学系 | システム | 溶接機・溶着機 | 切断機 | マーカー・彫刻機 | セーフティ | 周辺機器 | 小出力レーザー | パーツ
レーザ加工から検索【発振器・システムを探す | 溶接機・溶着機を探す | マーカーを探す | 加工先を探す | 光学系を目的から探す | ジョブショップ
レーザ加工情報【レーザー加工技術 | 展示会 | セミナー | 新製品 | ニュース | 書籍 | マガジン | スポーツ報知 | よもやま話 | メルマガ
レーザーを○○検索 【 探す | 見る | 学ぶ | 試す | PR | 運ぶ | 辞書 | リンク
オリジナルコンテンツ【ビギナー | Mの部屋 | プロセス道 | 多事争論 | 光のローカス | ヨンデMiTe&
レーザーコンシェルジェ 【TOP会社概要利用規約リンクについて推奨ブラウザサイトマップお問い合わせ英語サイト

Copyright(C) Laser Concierge Inc. 2006-2016 All Rights Reserved.