レーザ加工情報サイト-レーザ加工技術情報で生産,研究,開発を支援-レーザーコンシェルジェ 使い方 お問い合わせ 会社概要
TOP PAGE レーザ発振器 レーザ測定器 レーザ光学系 レーザ溶接・溶着  レーザマーカー レーザジョブショップ レーザランキング

  TOP >>  ビギナー >> 第4回

ビギナー

第4回
レーザーの種類(概略)

レーザーと言ってもその種類は様々です。ここでは加工用のレーザーに特化してご紹介します。今回は可視光線です。






ガラスの中に彫刻された置物をよく見かけますね。これもレーザー加工です。

■加工用可視光レーザー

今回は加工用レーザーの種類第2回目です。今回は可視光レーザーについてご紹介します。可視光の波長は皆様ご存じの通り380nm-780nmです。ではどのような種類があるのか見てみましょう。

YAGレーザー系
固体レーザーの一種でNdドープ(Nd:YAG)やYLF、YVO4、YAlO3等の種類があります。CW(連続)発振とパルス発振があり、波長は結晶により若干違い1064nm,1053nm,1047nmの基本波の1/2で532nm,527nm,524nmなどとなります。出力は数mWから数十Wでアプリケーションとしては微細加工や銅線溶接、基板切断、ウエハーマーキングなど幅広い分野で使用されております。



可視光と言えばグリーンが代表的です。


チタン:サファイア
固体レーザーの一種でフェムト秒レーザーの光源としても用いられています。CW(連続)発振とパルス発振があり、波長は660nm〜赤外までと幅広く可視光域は橙色から赤色の領域となります。出力は高いものでも10Wぐらいです。ただしパルス幅が短いぶんピークパワーは高く、熱影響も少なく加工用には適しています。

銅蒸気レーザー
金属蒸気レーザーの一種で繰り返し周波数が高いことが特徴のパルスレーザーです。波長は511nmと578nmでレーザーチューブ内の蒸気温度によって出力比率が変化して蒸気温度が高い時は578nmの発振が強くなります。出力は研究用のものとしては、数百Wのものもあります。装置サイズが大きいのがウイークポイントです。

赤外線レーザーに比べるとかなり種類は少ないですね。ただ計測用となるとさらに種類は増えて医学用も含めると種類的には一番多いかもしれません。

BackNumber
第9回
ゴーグルの話(その2)

第8回
ゴーグルの話(その1)

第7回
レーザーポインターについて

第6回
アニメのレーザー光線と現実

第5回
レーザーの種類(概略)

第4回
レーザーの種類(概略)

第3回
レーザーの種類(概略)

第2回
レーザーの安全性

第1回
レーザーって?




製品カテゴリ検索 【 レーザ発振器 | 測定器 | 光学系 | システム | 溶接機・溶着機 | 切断機 | マーカー・彫刻機 | セーフティ | 周辺機器 | 小出力レーザー | パーツ
レーザ加工から検索【発振器・システムを探す | 溶接機・溶着機を探す | マーカーを探す | 加工先を探す | 光学系を目的から探す | ジョブショップ
レーザ加工情報【レーザー加工技術 | 展示会 | セミナー | 新製品 | ニュース | 書籍 | マガジン | スポーツ報知 | よもやま話 | メルマガ
レーザーを○○検索 【 探す | 見る | 学ぶ | 試す | PR | 運ぶ | 辞書 | リンク
オリジナルコンテンツ【ビギナー | Mの部屋 | プロセス道 | 多事争論 | 光のローカス | ヨンデMiTe&
レーザーコンシェルジェ 【TOP会社概要利用規約リンクについて推奨ブラウザサイトマップお問い合わせ英語サイト

Copyright(C) Laser Concierge Inc. 2006-2016 All Rights Reserved.