レーザ加工情報サイト-レーザ加工技術情報で生産,研究,開発を支援-レーザーコンシェルジェ 使い方 お問い合わせ 会社概要
TOP PAGE レーザ発振器 レーザ測定器 レーザ光学系 レーザ溶接・溶着  レーザマーカー レーザジョブショップ レーザランキング

  TOP >>  ビギナー >> 第3回

ビギナー

第3回
レーザーの種類(概略)

レーザーと言ってもその種類は様々です。ここでは加工用のレーザーに特化してご紹介します。今回は赤外線です。






赤外線レーザーが活躍している現場と言えばやっぱり溶接でしょうか。

■加工用赤外線レーザー

さて今回からは加工用レーザーの種類を少しずつ紹介しようと思います。
1回目は赤外線レーザーです。赤外線の波長は皆様ご存じの通り780nm以上です。ではどのような種類があるのか見てみましょう。

炭酸ガスレーザー
出力の小さい物から大出力まで幅広い物が生産されています。(1kW〜50kW)CW(連続)発振で波長は10.6umで主なアプリケーションは金属溶接や溶断です。

固体レーザー系
固体レーザーの一種でNdドープ(Nd:YAG)やYLF、YVO4、YAlO3等の種類があります。CW(連続)発振とパルス発振があり、波長は1064nm,1047nm,1053nmなど結晶により若干違います。出力は数mWから数kWでアプリケーションとしては微細加工や金属溶接、切断など幅広い分野で使用されております



代表的な赤外線レーザーの炭酸ガスレーザー。


ファイバーレーザー
ロッドや共振器の代わりに希土類元素を添加したファイバーを使用たレーザーで、固体レーザーの一種です。非常に高効率なレーザーで高出力(500W)モデルもあり、ファイバーの特徴を活かした立体溶接などに利用されています。

ディスクレーザー
従来のロッド型のレーザ媒体を薄いディスク型にすることでビーム品質を飛躍的に向上させたレーザーで、これも固体レーザーの一種です。出力も100W以上のモデルがあり微細加工に利用されています。

ガラスレーザー
比較的大きなパルス出力(1J〜5000J)ですが繰り返しが低くホログラフィーなどに利用されます。波長は1.06〜1.08umとなっています。

半導体レーザー
最近主流のレーザーでコンパクトさや発振の簡単さが人気で幅広いマーケットで使用されています。出力も1mW〜100Wと幅広い種類があり、発振も連続、パルスと選べます。加工産業以外にもレーザーポインターやDVD等のピックアップレーザーなど活躍の場はレーザー中1番です。

BackNumber
第9回
ゴーグルの話(その2)

第8回
ゴーグルの話(その1)

第7回
レーザーポインターについて

第6回
アニメのレーザー光線と現実

第5回
レーザーの種類(概略)

第4回
レーザーの種類(概略)

第3回
レーザーの種類(概略)

第2回
レーザーの安全性

第1回
レーザーって?




製品カテゴリ検索 【 レーザ発振器 | 測定器 | 光学系 | システム | 溶接機・溶着機 | 切断機 | マーカー・彫刻機 | セーフティ | 周辺機器 | 小出力レーザー | パーツ
レーザ加工から検索【発振器・システムを探す | 溶接機・溶着機を探す | マーカーを探す | 加工先を探す | 光学系を目的から探す | ジョブショップ
レーザ加工情報【レーザー加工技術 | 展示会 | セミナー | 新製品 | ニュース | 書籍 | マガジン | スポーツ報知 | よもやま話 | メルマガ
レーザーを○○検索 【 探す | 見る | 学ぶ | 試す | PR | 運ぶ | 辞書 | リンク
オリジナルコンテンツ【ビギナー | Mの部屋 | プロセス道 | 多事争論 | 光のローカス | ヨンデMiTe&
レーザーコンシェルジェ 【TOP会社概要利用規約リンクについて推奨ブラウザサイトマップお問い合わせ英語サイト

Copyright(C) Laser Concierge Inc. 2006-2016 All Rights Reserved.