レーザ加工情報サイト-レーザ加工技術情報で生産,研究,開発を支援-レーザーコンシェルジェ 使い方 お問い合わせ 会社概要
TOP PAGE レーザ発振器 レーザ測定器 レーザ光学系 レーザ溶接・溶着  レーザマーカー レーザジョブショップ レーザランキング

  TOP >>  ビギナー >> 第2回

ビギナー

第2回
レーザーの安全性

産業用からおもちゃまで様々な種類を持つレーザーの安全性はどのように決められているのでしょうか?






レーザー装置が置かれている部屋の入り口にはこの警告ラベルが貼ってあります。

■それでも操作は注意して

今回はレーザーの安全について少しお話ししたいと思います。
レーザーと言っても小さな物から大きな物まで様々です。小さな物は子供のおもちゃとして、大きな物は分厚い鉄板を切ってしまう物まで。

ではどうやってそんなに違うレーザーの種類を分けているかというとIEC国際電気標準会議というところがちゃんとクラス分けしてるんですね。レーザーを扱う大半の人がご存じかと思いますが改めて基準を紹介します。加工で使用されるレーザーはクラス4がほとんどで危険性が高く注意が必要です。利用されている方は十分気をつけて下さい。



万が一の際に目をレーザー光から守るために常にゴーグルをかけましょう。


レーザーゴーグルはなぜあんなにかけ心地が悪いのでしょうね。長時間かけていると痛くなりますよねOAKLEYのスポーツゴーグルのように長時間かけても気にならないゴーグルが発売されて欲しいところです。

クラス1:人体に障害を与えない低出力(おおむね0.39μW以下)のもの最悪双眼鏡の様な補助光学系を用いても安全

クラス2:可視光(波長400nm〜700nm)で、人体の防御反応により障害を回避し得る程度の出力以下(おおむね1mW以下)のもの。まばたきなど眼の嫌悪感によって眼の保護がなされます。

クラス3A:放出レベルがクラス2の出力の5倍以下(おおむね5mW以下)のもの。まばたきなど眼の嫌悪感によって眼の保護がなされます。但し、光学的手段で直接ビーム内を観察することは危険です。

クラス3B:直接又は鏡面反射によるレーザー光線のばく露により眼の障害を生じる可能性があるが、拡散反射によるレーザー光線にばく露しても眼の障害を生じる可能性のない出力(おおむね0.5W以下)のもの直接ビーム内を観察すると危険です。

クラス4:拡散反射によるレーザー光線のばく露でも眼に障害を与える可能性のある出力(おおむね0.5Wを超える)のもの拡散反射でも眼に障害を与える危険性が高く、皮膚障害や火災発生の可能性もあります。

BackNumber
第9回
ゴーグルの話(その2)

第8回
ゴーグルの話(その1)

第7回
レーザーポインターについて

第6回
アニメのレーザー光線と現実

第5回
レーザーの種類(概略)

第4回
レーザーの種類(概略)

第3回
レーザーの種類(概略)

第2回
レーザーの安全性

第1回
レーザーって?




製品カテゴリ検索 【 レーザ発振器 | 測定器 | 光学系 | システム | 溶接機・溶着機 | 切断機 | マーカー・彫刻機 | セーフティ | 周辺機器 | 小出力レーザー | パーツ
レーザ加工から検索【発振器・システムを探す | 溶接機・溶着機を探す | マーカーを探す | 加工先を探す | 光学系を目的から探す | ジョブショップ
レーザ加工情報【レーザー加工技術 | 展示会 | セミナー | 新製品 | ニュース | 書籍 | マガジン | スポーツ報知 | よもやま話 | メルマガ
レーザーを○○検索 【 探す | 見る | 学ぶ | 試す | PR | 運ぶ | 辞書 | リンク
オリジナルコンテンツ【ビギナー | Mの部屋 | プロセス道 | 多事争論 | 光のローカス | ヨンデMiTe&
レーザーコンシェルジェ 【TOP会社概要利用規約リンクについて推奨ブラウザサイトマップお問い合わせ英語サイト

Copyright(C) Laser Concierge Inc. 2006-2016 All Rights Reserved.